POC-MXM-RK3399-Fシステムオンモジュール

Share to Facebook Share to Twitter Share to Google Plus
Rockchip RK3399搭載システムオンモジュールです。
Rockchip RK3399 6コア(A72x2 + A53x4)64ビット2.0GHzプロセッサを使用して、さまざまなストレージ構成オプションがあり、ユーザーは機能ベースプレートを拡張してプロジェクトの生産を迅速に実現できます。

仕 様

〈プロセッサ〉
・ Rockchip RK3399(28nm HKMGプロセス)
・ CPU 最大2.0GHzの6コアARM 64ビットプロセッサ
・ Big.Littleアーキテクチャ、デュアルコアCortex-A72およびクアッドコア
・ 独立したNEONコプロセッサを備えたCortex-A53
〈グラフィック〉
・ GPU :ARM Mali-T860 MP4クアッドコアGPU
・ OpenGL ES1.1 / 2.0 / 3.0 / 3.1、OpenCLおよびDirectX 11をサポート
・ AFBCをサポート
・ VPU:4K VP9および4K 10ビットH265 / H264ビデオデコードをサポート、最大60fps
・ 1080Pマルチフォーマットビデオデコーディング(WMV、MPEG-1/2/4、VP8)
・ h.264、VP8フォーマットをサポートする1​​080Pビデオエンコーディング
・ ビデオポストプロセッサ:アンチクロス、ノイズ除去、エッジ/ディテール/カラー
〈RAM〉
・ デュアルチャンネルDDR3 - 1333MHz(1GB / 2GB / 4GBオプション)
〈ストレージ〉
・ 高速eMMC 5.1(8GB / 16GB / 32GB / 128GBオプション)
〈RTC〉
・ RTCリアルタイムクロック内蔵(rtcウェイクアップをサポート)
〈電源系〉
・ PMU:RK808電源管理ユニット
・ 入力電圧5V、ピーク電流3A
〈無線〉
・ 内蔵SDIOインターフェース、WiFi&bluetoothコンボモジュールの拡張に使用可能
・ イーサネット :GMACイーサネットコントローラを統合
  10/100/1000mbpsのイーサネットを実現するためにRealtek RTL8211Eをサポート
〈ディスプレイおよび音声〉
ビデオ出力インターフェース:
・ 1 x HDMI 2.0、最大4 K @ 60 fps、HDCP 1.4 / 2.2をサポート
・ 1×DP 1.2(DisplayPort)、最大4 K @ 60 fps
スクリーンインターフェース(デュアルディスプレイ対応):
・ 1 xデュアルチャンネルMIPI-DSI、最大2560 x 1600 @ 60 fps
・ 1 x eDP 1.3(4レーン、10.8 Gbps)
・ 1 x HDMI 2.0および1 x DP 1.2(DispalyPort)、オーディオ出力
・ 音声出力用の1 x SPDIFインターフェース
・ 3 x I 2 S、音声入出力用(I 2 S 0 / I 2 S 2は8チャンネル入出力をサポート、I2S 2はHDMI DP音声出力に提供)
〈カメラ〉
・ 2 x MIPI-CSIカメラインターフェース、(内蔵デュアルISP、最大13メガピクセルまたはデュアル8メガピクセル)
・ 1×DVPカメラインターフェース、(最大5Mピクセル)
〈PCIe〉
・ 1×PCIeインタフェース
〈USB〉
・ 2×USB2.0ホスト、2×USB3.0
〈その他〉
・ SDMMC、I2C、I2S、SPI、UART、ADC、PWM、GPIO
〈外観〉
・ サイズ;82mm×63mm
・ インタフェース;MXM3.0(314 PIN、0.5mmピッチ)
PCBパラメータ 1.2mm(厚さ)、8層設計、金の液浸プロセス
〈OS〉
・ Android 7.1 / Ubuntu 16.04 / Linux
〈重量〉
・ 24g
このカテゴリをもっと見る « POC-MXM-RK3399-F開発キット