12Z向けFlash書き込みソフトウエア(PROG12Z)

Share to Facebook Share to Twitter Share to Google Plus
PROG12Z 68HC(S)12(X)フラッシュ/ EEPROMプログラマソフトウェア

仕 様

PEmicroのPROG12Zフラッシュプログラマソフトウェアを使用すると、PEmicroのBDMインタフェース(別売)のいずれかを使用して、内蔵または外付けのHC12またはMC9(S)12(X)フラッシュデバイスをインサーキットでプログラム/再プログラムできます。プログラマソフトウェアは、ターゲットシステム上の6ピンBDMコネクタにPCの通信ポート(シリアル、イーサネット、USB、およびパラレルインタフェースがすべて利用可能)を接続するPEmicroデバッグインタフェースを介して、プロセッサのバックグラウンドデバッグモードモジュールと通信します。
PROG12Zには、プログラマソフトウェアCPROG12Zのコマンドラインバージョンも含まれています。一緒に開発、生産ラインプログラミング、またはフィールドファームウェアのアップグレードに最適です。ソフトウェアとハ​​ードウェアインタフェースの両方を含むパッケージがここにあります。

〈サポートされるデバイス〉
プログラマには、PEmicroの68HC12 プログラミングアルゴリズムの全ライブラリが付属しています。


〈特 徴〉
PEmicroには、開発環境と本番環境の両方でターゲットフラッシュをプログラミングするためのさまざまな方法を説明するリソースページがあります 。
プログラマの機能は次のとおりです。

・ Program
・ Verify
・ Blank check
・ Upload
・ Display
・ Erase

Progのプログラマもシリアライゼーションをサポートしています: