USB MULTILINK FX USBマルチリンクFXアドバンスドデバッグプローブ

Share to Facebook Share to Twitter Share to Google Plus
PEmicroのUSB Multilink Universal FXは、複数の異なるNXP MCUアーキテクチャといくつかのメーカーのARMデバイス上のバックグラウンドデバッグモード(BDM)またはJTAGインタフェースへのPCアクセスを可能にする、高速オールインワン開発インタフェースです(完全リスト以下)。FXの高速USBインタフェースは、Windowsマシンとターゲット上の標準デバッグコネクタ間の通信を可能にします。ターゲットMCUへの接続は、USB Multilink Universal FXにある複数のヘッダーを介してサポートされています。このページの左側にある製品写真は、プラスチックケースをひっくり返すだけでヘッダーにアクセスする方法を示しています。さまざまなアーキテクチャに適したリボンケーブルが付属しています。
PEmicroのUSB Multilink Universal FXは、複数の異なるNXP MCUアーキテクチャといくつかのメーカーのARMデバイス上のバックグラウンドデバッグモード(BDM)またはJTAGインタフェースへのPCアクセスを可能にする、高速オールインワン開発インタフェースです(完全リスト以下)。FXの高速USBインタフェースは、Windowsマシンとターゲット上の標準デバッグコネクタ間の通信を可能にします。ターゲットMCUへの接続は、USB Multilink Universal FXにある複数のヘッダーを介してサポートされています。このページの左側にある製品写真は、プラスチックケースをひっくり返すだけでヘッダーにアクセスする方法を示しています。さまざまなアーキテクチャに適したリボンケーブルが付属しています。

仕 様

・ PCからMultilinkへの高速USBインタフェースにより、USBインタフェースの容易性と互換性を利用して、迅速かつ容易にプログラミングとデバッグが可能
・ 別の電源を必要とせず(ターゲットから1mA以下の電力を消費)、USBインタフェースから電力を消費
・ ターゲットMCUの電源供給に使用可能
・ 目標電圧:1.8V〜5.25V
・ ターゲット周波数:16Khz-50Mhz(HCS08、RS08、CFV1、S12Z、またはHCS12Xのみに適用)
・ 複数のARM MCUのJTAGデイジーチェーン接続をサポート
・  一部のPower Architectureファミリ用のパイプラインプログラミングアルゴリズムで、プログラミング速度が飛躍的に向上
・ 追加の保護のためのI/Oラインクランプ
・ 自動周波数検出+ HCS08デバイスのトリミング機能
・ HC(S)12(X)デバイスの自動周波数検出。
・ RS08デバイスのRESETラインにプログラミング電圧を生成
・ ARMデバイスのサポートには、JTAGとSWDの両方のプロトコルが含む